お知らせ

news

【コロナ感染症対策】のお知らせです。

院内感染防止対策

確かな感染防止対策のため、ご理解ご協力をお願いいたします。

私たちスタッフは励行しています

○出勤前に検温し、 37度以上であれば出勤を見合わせ、 解熱後に出勤。
○診療ごとに医師と患者さんの接触物の交換・破棄。
○診療ごとに使用器具の120℃以上で高温滅菌。
○診療ごとに飛沫および,診療台等の医師と患者の接触部位をアルコール消毒。
○カウンター・床等の高頻度接触面を随時アルコール消毒。
○診療衣は界面活性剤に酸素系漂白剤を加えて毎日洗濯。
○室内空気の滅菌・浄化装置の設置。
○治療に使う水には除菌フイルターを設置。
○トイレ自動洗浄に次亜塩素酸を添加。
○治療中に発生するエアロゾル粒子を吸引し滅菌する試みをしています。(エアロゾル粒子吸引時には音が大きくなります)

来院のみなさまへお願い

○風邪症状が治まってからご来院ください。

風邪症状の疑いがある急患の方へ

○事前にお電話でご相談ください。
○診療時間の後に応急処置をいたします。
○院長室をシールド化して診療。診療後は消毒し、 24時間以上放置して、患者様の容態確認ののち使用します。

院内感染発生時の処置

○保健所へ報告。ホームページで発生と診療停止を告知。
○濃厚接触者にお知らせし。検査を依頼し(院負担)症状をモニター。
○立ち入りを禁止し、院内及び周辺の消毒。
○濃厚接触者のPCR検査陰性と2週間の経過観察後に診療再開。

院内感染防止のための設備について

治療中に発生するエアロゾル粒子を吸引し滅菌

治療中に発生する飛沫を吸引

歯を削るときには、目に見えないほどの細かな飛沫や粉塵が飛び散ります。この飛沫や粉塵が患者さんの顔にかかったり、 吸い込んだりすることを防ぐ為、当院では口腔外吸引装置「フリーアーム・アルテオ」を導入しています。フリーアームは強力な吸引力で治療時に発生するエアロゾル粒子を吸い取り、安心でクリーンな診療を行います。

吸引した飛沫を滅菌

アルテオで吸引したエアロゾル粒子を除菌装置「ジアイーノ」に送気し、ウイルスを滅菌しています。
ジアイーノは、水道水と塩を電気分解することで「次亜塩素酸」を生成。高い除菌効果を発揮しつつ、安全性にも配慮した濃度でつくることができます。さらに次亜塩素酸が揮発することにより、付着した菌・ウイルスにも効果を発揮します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0321-683x1024.jpg

※治療中に発生するエアロゾル粒子を口腔外吸引装置アルテオー(写真後方)で集塵し除菌装置ジアイーノ(写真前方)に送気して、次亜塩素酸によりウイルスを滅菌します。

室内空気の滅菌・浄化装置

当院では院内全体にきれいな空気が行きわたる、処理能力に優れた大容量の医療用空気浄化装置「メディカルライトエアー」が稼働しています。
ウイルスなどの感染から患者様を守るためにより安心・安全な環境に心を配り、クリーンな空気のもとで診療を行います。

関連記事

related

ご予約

reservation

ご予約